Deepな世界の色って。

0
    私の知らないdeepな世界。
    大阪の梅田のすぐ近く中崎町。

    戦火をのがれ,
    周囲の開発にも飲み込まれず
    空気感が昭和の路地。
    町工場の機械の音
    木造の長屋,タイル張りの二階の壁。
    ノスタルジックから想像されるのは
    きっとセピア色。

    そこにカフェや雑貨屋,古着屋,ギャラリーなど
    レトロでひとくくりに出来ない
    ひと味もふた味もちがうこだわりのお店が
    住民の方々と共存している。

    生命感あふれる中崎町の地下には
    きっと深紅色の息吹が流れている。


    感動が伝わらない写真ですみませんDocomo_kao8
    珈琲舎 アラビク 
    でもね〜
    すごいんです,小説の世界なんです!!

     

    コメント
    コメントする